月曜日に仕事に行きたくない! そんな気分を解消するにはどうすればいい?

ボディ&メンタルヘルス 2016.06.15
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
月曜仕事行きたくない

日曜日の夜、いつもより早めにベッドに入り、のんびりと過ごしている時……、
「あ〜、明日は月曜日。会社に行きたくないなぁ」
そんな風に鬱々としてしまう人、いませんか?

月曜の朝には、嫌々ながらも結局しっかり出社するものの、毎週こんな気分を味わうのは……と悩んでいる人もいるかもしれません。「仕事に行きたくない!」と感じたとき、どのように対処すればいいのでしょうか。

月曜日のことを考えるだけでテンションが下がる……

「月曜日に仕事に行きたくない!」と感じる時間帯は、人それぞれです。夕方というのは、通常でも気分やテンションが下降気味な時間帯と言われています。とくに日曜日の夕方から、月曜日の会社のことを考えて行きたくない!と感じる人を「サザエさん症候群」などとも呼びますよね。

月曜日がつらいと感じるのは、朝起きるときだけではないのです。仕事のことが、目に頭に浮かんでくる時間からが、憂鬱な気分の始まりだったりするのです。

原因はストレス?

憂鬱な気分に陥る原因のひとつが「セロトニン」の不足と言われています。ストレス、プレッシャーなどが、セロトニンの不足を招いてしまいます。セロトニンは、ドーパミン、ノルアドレナリンと並んで三大神経伝達物質と呼ばれ、精神状態や、物事への取り組み方、考え方などに強い影響を与えます。

セロトニンが不足することで、テンションが下がるのであれば、セロトニンを減らさないようにすれば良いわけです。セロトニンを分泌しやすくする食べ物には、次のようなものがあります。

・納豆
・たらこ
・アーモンド
・そば
・白米
・ヨーグルト
・豆乳
・牛乳
・赤身の魚
・肉

適度な運動もストレス解消に効果を発揮するので、しっかり食べて、適度な運動をすることがおすすめです。

月曜日を楽しい曜日に変える!

気分が落ち込んでしまうのであれば、テンションが上がる日に変えてしまえばいいのです。自分の好きなこと、リラックスできる事を月曜日の予定に組み込みましょう。これだけで、「○○があるから、仕事もがんばれる!」となれるのです。気の持ちようです。上手にコントロールすることも大切です。

生活スタイルに自分なりの工夫を施すことで、いくらでも楽しい日に変えることができます。ただし、これはあくまで、「行きたくない」という症状が比較的軽めの場合の対応法です。

 

テンションを下げる原因となっているもののほとんどが、仕事上の悩みかと思います。自分でコントロールできないケースであれば、仕事そのものを見直すというのもあるかもしれません。しかし、どのような対処法を選ぶにせよ、まずは、その原因をしっかり把握することから始めましょう。

 

今の働き方が合わないと思ったら、相談してみませんか?

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事